ボーカリストになるために|事務所選びが重要なキッズモデル|最初はオーディションに合格しよう
ステージ

事務所選びが重要なキッズモデル|最初はオーディションに合格しよう

ボーカリストになるために

マイク

音楽に詩をのせて歌うボーカルはみんなの憧れの的です。ボーカリストとして仕事を得るためには事務所やレコード会社だけなく様々なオーディションを乗り越えていかなければなりません。しかしオーディションの際には、ちょっとした工夫が結果を大きく左右することも覚えておきましょう。ボーカルのオーディションで欠かせないのは自分の歌を録音した歌唱データです。このデータを郵送で送る場合の工夫としてCDの盤面を市販されているCDのようにアレンジしパッケージも作り込むと他のCDとの差別化が図れます。オーディション用のCDではなく販売してもおかしくないCDを送付することで本気であることを先方に伝えることが出来ます。審査員も人間ですので見た目の印象が良ければ自然と中身に対する姿勢も変わります。

テレビでもアマチュアがカラオケ大会でプロに勝つ場面を見る機会が増えたことにより、芸能界入りすることが容姿が優れ、歌が飛びぬけて上手な限られた人のみというイメージが消えました。ボーカルのオーディションは事務所やレコード会社に所属するためのものではなくなり、アマチュアでありながらテレビのオーディションに参加することで人気を博することも珍しくありません。ボーカルとして参加できるオーディションは年々増加しており、ライブハウスに参加者を集めて歌唱しあい意気を高めあうものやその場でプロから注意点を教えてもらえることを売りにしているオーディションもあります。大手が全国を回って歌を聞いて回るオーディションもあるため、地方在住でもチャンスがあるのが魅力的です。