アーティストになるために|事務所選びが重要なキッズモデル|最初はオーディションに合格しよう
ステージ

事務所選びが重要なキッズモデル|最初はオーディションに合格しよう

アーティストになるために

ウーマン

色々なデビューのしかた

歌い手としてデビューするにはいくつか方法があります。動画サイトで歌唱力を披露したり、ライブハウスで演奏活動しながらスカウトを待つというのもそんな活動のひとつです。他にもデビューをするためにコネを使うことも可能です。ただしこれらは、歌い手のデビュースタイル全体からみてもごく少数でしかありません。こうやってプロに見出されてデビューするようなドラマチックな展開は、万人に訪れることはないと考えていた方がいいでしょう。やはり一般人は、ボーカルオーディションを受けながら地道にデビューまでの足がかりをつかむのが現実的で近道といえます。このボーカルオーディションは、プロダクションやレコード会社が主催する物なので直接アピールしやすいのがメリットです。コネと実績のない状態でメジャーデビューのきっかけを作るには、もっとも有効な手段といえるでしょう。

応募先を見極めよう

ボーカルオーディションは、応募先次第で合格後の扱いが違ってくることもあります。例をあげると、合格してすぐにメジャーデビューが約束されているケースや、公演を保証してくれる物などいろいろあるのが普通です。また大手でデビューするか、あるいは中小規模のプロダクションやレコード会社でデビューするかも活動に大きく影響することになります。そのため手当たり次第に応募するのではなく、所属タレントや活動実績をきちんとリサーチしたうえで申し込むことが大切です。そしてたとえ応募したボーカルオーディションに受からなくとも、すぐに諦める必要はありません。こういう物は繰り返し何回でも応募可能なので、気のすむまでリトライしてみるといいでしょう。